皆生温泉特殊浴場組合とは
このサイトは、米子市皆生温泉にある9店のソープランドのすべてが加盟する協同組合である「皆生温泉特殊浴場組合」が主催するもので、皆生の正確な最新情報を提供します。
皆生温泉での特殊浴場店選びの入り口として、また、私どもへの御指導、御鞭撻の場として本サイトを御利用いただき、多くの皆様方が皆生ソープへおいでいただけますようお待ちしております。
続きを見る

このサイトは、米子市皆生温泉にある9店のソープランドのすべてが加盟する協同組合である「皆生温泉特殊浴場組合」が主催するもので、皆生の正確な最新情報を提供します。
皆生温泉での特殊浴場店選びの入り口として、また、私どもへの御指導、御鞭撻の場として本サイトを御利用いただき、多くの皆様方が皆生ソープへおいでいただけますようお待ちしております。

arrow閉じる

店舗 MAP

詳細をご覧になりたいお店を
タップしてください。

皆生温泉街の歴史

弓ヶ浜の皆生海岸に面する東西1,000m、南北400mの狭い範囲に大型ホテルを含む宿泊施設、風俗店、ソープランドが集積する。その収容規模は約5,000人で、山陰最大級である。鳥取県が入湯税を基に算出した調査に拠れば、近年は年間40 - 50万人の旅行客、出張客が利用しており、鳥取県内の温泉では最も入湯客が多い。「米子の奥座」、「山陰の熱海」とも呼ばれる。
米子市街の北東部に「皆生温泉1丁目 - 4丁目」があり、そのうち「皆生温泉3・4丁目」に高層ホテル・旅館が立ち並び温泉中心街を形成している。
白砂の美しい弓ヶ浜沿いにあり、夏季には海水浴場となる。湯上りの散策に好まれる温泉街や風俗街、ソープランドは、東には美保湾越しに大山がよく見えて「日本の朝日100選」に選定されているほか、「日本の夕日100選」、「日本の渚100選」、「日本の白砂青松100選」、「都市景観100選」にも選定されている。浜の内側には大きな温泉旅館やホテルが浜に沿って一直線に立ち並ぶ。旅館街には、飲み屋・飲食店・風俗営業の店が集まり、温泉宿泊客や出張客などの利用が盛ん。

交通手段

・ JR山陰本線米子駅から5km、日交バス・日ノ丸バスで19分(280円)、タクシーで15分。
・ 米子空港からタクシーで20分。
・ 米子自動車道・山陰自動車道米子インターチェンジから6km、約10分。
・ 高速バス「フライングフィッシュ号」